VOICE04 個性に合わせた声かけで
こどもを元気にできるよう、
言葉の引き出しをたくさん作りたい。

LIFE STORY

こども教育学科|こども教育専攻|こども教育コース(2年制)
専攻科|こども教育学専攻(1年制) 角田 聖奈 さん 神奈川県|県立荏田高等学校出身|専攻科 こども教育学専攻1年

Qこども教育コースを選んだ理由は

幼稚園の先生が大好きで、いつかは自分もこどもに好かれる先生になりたいと思っていました。また、5歳年上の姉が保育士で、帝京短期大学の卒業生でもあります。在学中の姉は実習で体験したことをいろいろと聞かせてくれて、楽しく充実した学生生活を送っている様子でした。そんな姉に憧れて、帝京短期大学に入学しました。帝京めぐみ幼稚園が隣接していて、こどもたちの姿が毎日見られることも魅力でした。

Qいま、どんなことを学んでいますか

2年生の前期までは講義と実技を半々に学びますが、専攻科に進学すると実技の授業が多くなります。「美術表現(科目名・開講年次はインタビュー当時のもの)」の授業で絵を描いたり、折り紙を折ったり、演劇をしたり、楽しい学びが増えます。また、幼稚園や保育所で行われる実習では、現場の先生が実際にどのようにこどもと接しているのかを間近に見ることができます。噛みつきやケンカの時の対応は、とても勉強になりました。

こども教育コース

Q学びのなかの気づき、その先のめざす自分像は

実習を重ねてみて、こども一人ひとりの個性に合わせた声かけが大切なのだと実感しました。同じ言葉をかけても、やる気が出たり、 落ち込んでしまったり、こどもによって受け取り方の違いがあります。一人ひとりの個性に合わせた声かけで、こどもを元気にできるよう、 言葉の引き出しをたくさんつくっておきたいです。いつもこどもたちが楽しく明るい気持ちでいられるように、自分自身も楽しく幸せな人でありたいと思っています。

  • こども教育学科
  • こども教育専攻
  • こども教育コース(2年制)

Q就職活動は順調に進みましたか

自分がやりたいことや希望の園について、担任の先生が細かく聞き出してくださったので、スムーズに就職活動をはじめられました。キャリアサポートセンターの方は私の希望に合った園を探し出し、新たな求人が出るとすぐに連絡をくださり、希望の園に就職が決まるまで手厚くサポートしてくれました。

Qキャンパスライフはいかがですか

休み時間は学生ホールで友達とゲームをしたり、おしゃべりをしたり、リラックスして過ごしています。帝京短期大学には、通学路の六号通り商店街で使えるTJCポイント(1日500ポイント:1pt=1円)があります。商店街にはお気に入りの焼き鳥屋さんがあるので、TJCポイントで買って食べるのが楽しみです。新宿や渋谷が近いので、授業が早く終わった日は学校の帰りに友達と買い物に出掛けることもあります。