VOICE01 食事を通じて
人を幸せな気持ちにできる、
栄養士の仕事をしたいと思いました。

LIFE STORY

生活科学科|食物栄養専攻|栄養士コース(2年制) 石原 智沙さん 東京都|都立武蔵丘高等学校出身|栄養士コース2年
※「原」の漢字は、実際はがんだれ内の点がないものです

Q栄養士になりたいと思ったきっかけは

中学生の頃に父が入院し、初めて病院食を目にしたことがきっかけです。患者さんたちは食事をとても楽しみにしていて、笑顔で食べていたのが印象的でした。普段何気なくしている食事の大切さに気づき、食事がもつ力の大きさに感動しました。食事を通じて人を幸せな気持ちにできる、栄養士になりたいと思いました。

Q授業の様子を教えてください

1年生の時は講義や実験・実習で基礎知識を身につけます。先生が現場でのエピソードを話してくださることも多く、とても参考になります。2年生になると知識を応用する校内実習や学外実習が多くなります。学外実習では老人ホームへ行き、一人ひとりの嚥下機能に合わせた、刻み食やミキサー食を作りました。食事を楽しんでもらえるよう、ミキサー食の水分に出汁を使うなど、味付けの工夫がなされていることに感動しました。また、利用者の方と接する機会も多く、「おいしかったよ」「ありがとう」などの言葉をかけていただき、栄養士として働く喜びを知ることができました。

帝京短大在校生

Q将来、どんな栄養士になりたいですか

保育所の栄養士をめざしています。好き嫌いやアレルギーの問題もあり、子どもの食事には細心の注意が必要ですが、乳幼児期の食事はとても大切なので、やり甲斐のある仕事だと考えています。調理法や味付けで、同じ食材でも全く違う印象になってしまうので、好き嫌いなく成長できるように、工夫していろいろな味を体験させてあげたいです。子どもの味覚が形成される大切な時期に関われたらいいなと思っています。

Q学びに磨きをかけるため、心がけていることは?

料理の勉強を兼ねて、学校帰りに友達と食べ歩きを楽しんでいます。特に和食に興味があり、おいしいと評判の和食店を訪ねては、料理の味付けを勉強しています。和食は、出汁をうまく使うことで食材の旨味や栄養価を引き出せることに魅力を感じています。通学路の六号通り商店街には調理実習の時にお世話になる八百屋さんがあり、野菜の価格調査にご協力いただいたり、鮮度の見極め方を教えていただきました。日常生活でも食について興味をもつよう心がけています。

  • 生活科学科
  • 食物栄養専攻
  • 栄養士コース

Q帝京短期大学の魅力について

先生が親身に対応してくださるので、授業内容の質問はもちろん、悩み事なども気兼ねなく相談できます。先生からの声かけも多く、先生と学生との距離が近くてアットホームな雰囲気が帝京短期大学の魅力だと思います。