VOICE05 将来は、患者さんと真摯に向き合い
的確な治療を行える
柔道整復師をめざします。

LIFE STORY

ライフケア学科|柔道整復専攻|柔道整復コース<昼間部>(3年制)
ライフケア学科|柔道整復専攻(二部)|柔道整復コース<夜間部>(3年制) 成谷 茂樹 さん 岩手県 県立久慈高等学校出身 柔道整復コース(昼間部)2年

Q帝京短期大学を選んだ理由は

実際に現場で働いている先生が直接教えてくださるので、実技をしっかり習得できるのがいいですね。日本で唯一、柔道整復師の資格が取れる短期大学であることも魅力でした。3年という短い期間で集中して学ぶことができ、卒業後に帝京平成大学に編入すればはり師・きゅう師の勉強もできます。このことから、柔道整復師とはり師・きゅう師の3つの資格を最短5年で取得できる帝京短期大学に進学を決めました。

Qどんなことを学んでいますか

生理学、解剖学、柔道整復理論などを中心に学んでいますが、整形外科学などの専門的な医療知識について、医師から指導を受けられる科目もあります。生理学では身体の機能について学びますが、熱や痛みの症状がどういった過程で起こるのか理解できて、身体の仕組みが分かりワクワクします。隣接する帝京接骨院で行う臨床実習では、授業だけでは知り得ないことを学ぶことができます。患者さんと実際に話す機会もあり、治療室へ案内する時は心配りが必要なことも学びました。患者さんとの接し方は座学だけでは分からないので、現場での指導がとても勉強になります。

Qこの先の目標や、将来の自分像について

入学当初は、柔道整復師になって人の役に立ちたい、といった漠然とした希望だけで、どのような柔道整復師になりたいのか目標は曖昧でした。今はやるべきことが明確になってきて、技術力や知識を高めることはもちろんですが、正しい問診と治療を行うには、患者さんが訴える症状にきちんと耳を傾けることが大切だと気づきました。身体の機能や治療についてより深く学ぶとともに、コミュニケーション力も身につけて、患者さんの心と身体に真摯に向き合い、的確な治療を行える柔道整復師をめざします。

Qキャンパスライフはいかがですか

授業の空き時間に校庭でバレーボールやバドミントンなどを楽しみ、身体を動かすことで息抜きをしています。学校は新宿に近いので、歩いて帰ることもあります。最近はおいしい店やおもしろそうなショップを探すのに凝っていて、ネットで気になる店を見つけては友だちを誘って出かけるのが楽しみです。勉強と遊びのスイッチを上手に切り替えながら、充実した学生生活を送っています。

Q帝京短期大学らしい、日々の風景はありますか

校庭でバレーボールなどをしていると、帝京めぐみ幼稚園の子どもたちが「こんにちは」と可愛らしく挨拶しながら遊びにきます。子どもたちが仲良く遊んでいる姿を見ていると、ほのぼのとした優しい気持ちになります。

<ライフケア学科 ショートバージョン01:42>